「女王陛下の竜騎兵よ、たとえ悪竜の業火に焼かれ、その身が灰になろうとも、主のために忠をつくし、その名に恥じることのなきよう」

 がっしりとした壮年の軍人——近衛竜騎兵隊隊長タッカー伯が、ひざまずく若い竜騎兵の肩に抜き身の剣をあてた。青服をまとった百人からの隊士が、二人の挙動を見守っている。

「誓います。女王陛下の盾とならんことを」

 若い竜騎兵、ウォーターは短く、しかしはっきりと答えた。

 竜騎兵隊舎の広間で行われた入隊式。一連のやり取りは、中世の騎士叙任を模したものである。

「……さて。これで君は、われらが家族も同然だ。私を父、隊士たちを兄や姉と思って、困りごとは何でも相談しなさい」

 タッカー隊長は、ぽんとウォーターの肩を叩いた。

「も、もったいないお言葉です、ありがとうございます……」

 ウォーターは、がちがちに固まった体を、ぎくしゃくと起こしながら答えた。

「アスター!」

 ウォーターの言葉を鷹揚に受けながら、隊長は副長の名を呼んだ。すると隊士たちの中から、ひときわ目立つ羽帽子が進み出る。

「ウォーター君だが、どの隊士につくかはもう決まっているのかね」

「……いえ、それが。今は皆、手がいっぱいで新人を教えている暇がないと……」

 部屋の後ろに控えていた上級隊士たちの何人かが、わざとらしく咳払いをして目をそらした。こういう手がかかりそうな新人(たとえば、竜で隊舎に乗りつけるような)は勘弁願いたい、とでも言いたげに。

「なんだ、情けない。それじゃあお前、誰が彼の面倒をみるんだ」

「当面は私の付き人とします。ただ、私も隊務がありますので。基本的なところは、古株の従士に任せようと」

「ふむ……まあ、お前がそう言うなら、大丈夫だろうが」

「はい、悪いようにはしません」

「うむ、わかった。それじゃあ、まあ、上手いことやってくれ」

 そこまで言うと、タッカー隊長はウォーターに向きなおった。

「さて、きいての通りだウォーター君。はやく一人前になるよう、励みたまえよ」

 はい、がんばります!ウォーターはやや声を裏返らせて答えた。

「うむうむ、頼もしいことだな、ハッハッハ!」

 あまり歓迎の意思が感じられない微妙な空気の中で、タッカー隊長の笑い声が、だだっぴろい広間にひとり響いていた。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

「と、いうわけで、今日から俺が貴様の教育係だ」

 まずは同僚に挨拶をしろと隊長に仰せつかり、従士控室を訪れたウォーター。彼を待っていたのは、大きなアーモンド形の目を意地悪く細めた青年だった。

「あ……君は、昨日の……」

 ウォーターはぱっ顔をあからめた。そう、この細身ながら精悍な青年には、ちょっとした「不運」で、とんでもない場面を見られてしまっていた。よりによって、こんなに早く出くわすことになるとは。

「……アルフレッド・ベイカー。アスター副長つきの従士。……お前と同じくな、不本意ながら」

 従士ベイカーは、苦虫をかみつぶしたような顔で手を差し伸べた。

「ど、どうも……」

 ウォーターはばつのわるそうにその手をとった。どうやらこの先輩従士は、昨日の一件のことを誤解したまま、まだ忘れてはくれていないらしい。

「そ、その、昨日のことは、ほんの行き違いというか、その……」

「フン……まあ、いいんじゃないか。たまにはお楽しみも必要だろう。これから貴様には辛い軍隊生活が待っているんだからな」

 しごいてやるぞ、と暗にほのめかされたことはウォーターにも理解できた。この様子では何と弁明しても逆効果だろう。ああ、まったく、シャロンのせいで。

「何をぶつぶつ言っている」

「い、いえ、何でも。ところで、他の従士の方はどこへ?」

 ウォーターは話題をそらそうと、あたりを見回した。100人は入れそうな控室には今、ベイカーとウォーターの二人きりだ。

「……ふ。他でもない、貴様の歓迎会の準備だよ」

 そのときベイカーは、初めてウォーターに笑顔を見せた。ウォーターにはそれが、牙をむいた肉食獣のように見えた。

ご感想はこちらから