「……なぜ、あのようなことを」

 謁見室を退出して、女王の寝室に二人きりになったところで、ハーヴェイは女王に問うた。

「あら、いけませんでしたか?『ハーヴェイ先生』」

 女王は親しげにそう呼んだ。二人のときは主従ではなく、幼少のころからの、師と生徒の関係で接して欲しい、という意思表示だった。

「『エヴァ』、あなたの意見を、公の場で真っ向から否定することはできません。私はあくまで、あなたの侍女ですから」

 ハーヴェイは眉間にしわを寄せる。

「……まあ、終わったことを言っても仕方ありませんが……次からは前もって私に相談してほしいものです」

「ごめんなさい。でも先生、相談してたら反対したでしょう?」

「もちろんです。ウォーター・シェパードを王都に留めれば、彼を常に敵の魔手の前にさらすことになりますからね。……それに、正直、彼が軍隊の生活に耐えられるとも思えません」

「……そうかもしれない。彼、とっても気が弱そうだったから。そのときは、先生の仰るように、田舎に帰ってもらうわ。でも」

 女王は、ひとつ呼吸を置いた。そして目を閉じて、夢を見るようにゆっくりと、言う。

「彼は、なんだか、また私を助けてくれるような気がするの」

「………」

 ハーヴェイは黙って首を振った。ああ、どうして私はこの娘に、こうも甘いのか。いくら口では否定的なことを言っても、ひとたび女王から「お願い」されてしまうと、ハーヴェイはそれをかなえずにはいられなかった。

「……仕方ありません」

「ありがとう、先生」

 にっこり笑う女王、ハーヴェイは苦笑しながら、深くため息をついた。

 ハーヴェイには、ひとつ懸念があった。 

 女王には報告していなかったが、このところ近衛竜騎兵隊に不穏な噂があるのだ。女王の盾たるべき彼らが、裏で枢機卿を筆頭とする光神教会とつながっている、と。いずれ間者を放ち、ことの真偽を調査しなければと思っていたのだが……

 ウォーターにその役目をやらせるのか。本当にもう一度、女王を助けてもらうのか。考えて、ハーヴェイは頭を抱えた。はたして、あのお人よしに、間者など勤まるものだろうか。

 いいや、ここまできたら、勤めてもらうほかあるまい。今回の件で、ウォーターは目立ちすぎた。どのみち、もはや無関係では済まされないだろうから。

「ねえ、先生。私、本当に彼のことが気に入っているの」

 何も知らない女王は、無邪気に笑った。

ご感想はこちらから